おひとりさま備忘録

美味しかったもの、何したとか、口に出せないこととか

挨拶品

少し前まで住んでいた家の近くでは、私がそこに住んだ後から数軒の家が建った。タオルを配る習慣があると聞いたので、ガーゼタオルを配った。頂いたものもタオルが大半で中には豪華菓子折りというご家庭もあった。

その前に住んでいたご近所には「お世話になりました」ということで田舎のお菓子を。そこへ引越した時には確か豪華生菓子詰め合わせを…生菓子かよ⁈だけど、あの時は夫が選んだから。

真似も無理もする気はなくて、一軒500円前後でしばらく悩んだ。安い方が助かるけれどガラガラくじのハズレじゃあるまいし、100円〜300円ではちょっと見つけられなかった。

台所洗剤のギフト。どこの家庭も絶対使う。

近くの店では箱入りの洗剤が見つけられず、ネットで探したけれど微妙で注文できず、悩み抜いた結果、指定ごみ袋が一番良いと思った。

そんなわけで、ごみ袋に熨斗を付けた。

 

引越し先の挨拶品

こちら、ごみ袋は自由。

高級ティッシュもトイレットペーパーも良かったけれど、駐車場が少し離れているのであまり嵩張るものは嫌だったし、あちらに到着するときには持って行きたいしで悩んだ。

ネット通販に出店しているギフトショップを見つけ予算を設定してみた。

決済画面手前までシミュレーション。

包装紙、熨斗の種類、細かく依頼できる。

    便利な時代じゃ。

日用品が良いと決めつけていた私の目にとまった ☆petit speciale☆

f:id:Klingel:20190423222913j:image

かっぱえびせん匠海 | 商品検索 | カルビー株式会社

食べ物は避けようと思ったけど、お手頃価格だしなにせスペシャル。熨斗で少々悩んだけれど、もうコレ以外無いと思った。

そんなわけで、かっぱえびせんに熨斗。

タオル1枚でもそうだけど、自分だったら貰って嬉しいものが良い。

で、一つは勿論自分用。

見た目は大きなかっぱえびせん

f:id:Klingel:20190423222252j:image

口コミがベタ褒めだったのをたくさんみちゃったから、それほど驚かなかった。しばらく通常品も食べていないけど確かにエビの量が違うと思った。