おひとりさま備忘録

美味しかったもの、何したとか、口に出せないこととか

テキスタイル

IKEAでドレープカーテンを買うまで。

 

引越し先の掃除に行った。

舐めてた。予想外に大変だった。

クリーニング済みとなっていたけれど、クリーニング後に業者の出入りがあったようで…

クリーニングは最後にしろよハゲ!と心の中で叫んだ。担当者実際ハゲだし。

 

セミだろうがオーダーカーテンは高い!

既製品で良いのです。サイズがあれば!

デザインや機能なんか二の次で既製品を買う。サイズがあれば!

「サイズは数百。オーダー不要!」とか書いてあるサイトを見る。やはり欲しい幅のサイズがない。よって、オーダーになる。すると、は?ちゅう金額になる。

幅150cm の後が何故 200cm?

300cmならまだ分かる。10cm刻みにしろっつーの!

この際、ブランドカーテンの割引を探すか〜と血迷う。そして、寸法を入力しお会計画面を見たら〜

麻痺してきたのか?思ったほど高くなかった。なんだー、だったら初めからさ〜

なわけない!!直ぐ気付く。

それは一枚の金額。二枚作らにゃならん。

やっぱムリ。

予算なんか無い。ただー、そのデザインとその機能にソノ金額は払いたく無い!と思う。

今使ってるカーテン(ニトリ)に決める前ショールームまで見に行って、あんなのこんなの見て、心から欲しいと思ったカーテンはひとつだけだった。(今でも欲しいと思うけど)見積もり金額を見て一回死んだ。生還した私は経験から理解した。

      ショールームなんぞお金持ちの行く場だと。

      カーテンを買うお金で軽自動車が買えます。

照明もショールームを見に行った。そこは見せて説明する場所で、お近くのお店でご購入してくださいスタイルだから楽だった。欲しいものの品番や型式を一覧にしてもらって量販店で買った。もうそこで学んだことはサッパリ覚えていないけれど。

 

死ぬほど調べたわけじゃないけど、もー疲れた。

高いであろうお店ならまだ思いつく。

10や15パー引いてくれても安くないっての〜!!

かといってカーテン無しとかあり得ないし。

引越し時期も冬場じゃないし、少し前にリビングだけレースカーテンを注文した。私が選んだのは夜間でも外から見えにくく、さり気なく柄があるもの。

レースだって色んなのがあって、夜間室内が明るくても外から見え難いというものもあれば、レースカーテンを上にする事でドレープカーテンを更に美しく見せられる超薄い室内丸見えじゃねーかよ⁉︎みたいなものもあったり、花粉や埃を避けてくれる優れものとか、あんなのこんなのがある。すごいと思う。

 

帰りがけ、三郷のIKEAに寄った。たぶん無いだろうと思ったけど買うものがなくてもIKEAは楽しい。

見ず知らずの方々のブログとIKEAの公式サイトを予習していたので

①気に入るデザインがあるかどうか

セミオーダーはどこまで対応できるのか

これを実際にこの目で見て聞いて来なければ。

買うつもりもないのに色んなソファに座ってみる。

ひとつなのに数枚の絵や写真を飾れるフォトスタンド。よーく見ると微、微妙。こういうのが欲しいけれど引越しが終わってから考えても遅くない。そもそも今はそんな余裕は無い!けれど〜見る。

IKEAでの注意

※安いので買っちゃうが結局使わない。

で、カーテン売り場。ざっと見ると無…お⁉︎と思ったデザインが目に入った。品数が多いとまでは言えないけれど、好みに合うものが3点ほど見つかった。

店員さんに聞いてみると「手数料が掛かりますが、ハギ合わせできますよ。」と。手数料も¥3,300とな。それを聞いてテンション上がった。

ヒダもできるし継ぎ目を粗探しする気もないし、この柄なら良いかも〜

ニトリではあんなにある中から1点のみ、しかも「この中でこの金額以上は出したくないから」の条件つき。計算はしてもらったけれど注文に至らなかった。

無印は嫌いじゃないけどカーテンは好みに合わなかった。安いわけでもないし。

ホームセンターなども見たけれど欲しいサイズもデザインもなかった。

引越ししなければそう頻繁に買わない。だから高いのかな?

これは運命だと思うことにして、リビングのカーテンはIKEAで決定した。(写真撮り忘れた)

あとは野菜を入れる麻袋、ピクルス、帰りに飲むペットボトルのプーアル茶を購入し、50円ソフトクリームを食べて締めくくった。

自分の体力の無さを忘れていた。睡魔に襲われ途中のPAで少し寝てきた。

 

〜今夜のBGM♫ クレイジーケンバンド