おひとりさま備忘録

とりとめのない日常のこと。

美容室

田舎に住んでから行った美容室はいくつかある。シャンプー台で首が痛くなる店、カット後に切った髪の毛が服の中に入りまくる店、予約制なのに予約時間を大幅に過ぎても挨拶やお詫びの一言もない店とか、他にも記憶から抹消した店もある。

店のHPなど無い店も多く、リクルートのサイトなんかに登録しているけれど情報がイマイチとか。比べても仕方ないけれど、美容室に限らず飲食店もやる気が無い。

県外へ出かけついでに髪を切るようにした時期もあったけれど定期的に行くにはデメリットも多かった。

以前住んでいた地域で通った美容室は引っ越しのときにソコだけが心残りだったほど素敵な美容室だった。店の雰囲気などではなく、担当してくれた美容師さんのセンス、毒のない会話に是非またお願いしたいといつも思った。夕方カットやパーマをしてもらったりした日には用が無くても人に見せたくて出かけたくなったりした。

一昨日から三連休で初日に病院へ出かけた後は体力回復に努め、しばらく出費は抑えるはずだったけれど前回髪を切ったのはいつだか忘れたことに気づく。

今飲んでいる薬の副作用で全身痒い。アレルギー体質ではあるけれど、湿疹もできやすくなっているし毛先が触れる皮膚はかぶれてしまっている。パーマで毛先を丸めると良いけれど肌の状態を考えたらカットが精一杯だった。

定休日じゃなけれは急でも予約できそうな個人美容室にお願いすることにした。前行ったのいつだったかな。ここは可もなく不可もない。でも近所だから用心している。