おひとりさま備忘録

とりとめのない日常のこと。

今必要なものだけ

アーティスト別、ジャンル別に並べて飾りと化した、それらは何時聴くの?というCDを捨てることにした。

CDって、ジャケットは紙が多くケースとCDは私の住む町では不燃ゴミだから大量処分しようとすると結構手間がかかる。

昔レンタルで録音したけれどカセットテープが劣化して後々、CDを購入。今も聴いてるか?と問われたら『聴いてます』というものだけ残す事にした。

引っ越し整理で本を片付けていたら漫画本を読みだしちゃって、なかなか片付けが進まない、そんな事態になってる。

そのCDジャケットを見ても曲名を見てもどんな曲か思い出せない。そんなのは躊躇わず捨てりゃー良いんだけど、暫くして後悔することがあるから。

クラッシックとか、ワールドミュージックっていうのかな?欲しい曲名を探すのが昔は結構大変だった。その一曲を探すために何枚も買うけどなんか違う。後で分かったのが、同じ曲でも指揮者や演奏者、楽器の違いで同じ曲なのに違ったものになってしまうという。

それは当たり前なのだろうけど、私がソコに気づく迄には結構年数がかかったのよねえ。普通に聴くJ-popなんかでも、うっかりライブバージョンを買っちゃってガッカリとか。

今どきはネットで気軽に音楽を楽しめる時代になったけれど、それでも見つけられない曲がたまーにあるんだよねぇ。アルバムの中の半分くらいは見つかるのにお気に入りが無いとか。

だから聴いてみた。

 

え⁉︎こんなの聴いてたの?暗っ

みたいな…

 

わたしの病気は難病ではないけれど、初めに行った病院では違う病名を言われ、疑いもせず何年も通院してた。あの数年間は心身ともにドン底だった。

まあ、今は激しい曲を好むかというとそんなことはないけど。

ゴミ集積所まで持っていくのも重くて大変。

年明け第一弾として、とりあえず。

今日やろう!は大変なので、リビングにCDを山積みにし何日かに分けて分別することほぼ100枚。

何度も何度も、何十年も同じ曲を聴き続ける理由は、その曲や歌詞、アーティストが好きだからだけじゃない。その曲が発売された当時の、今となっては思い出だけど、それを時々思い出したくて聴くんだよね。