おひとりさま備忘録

美味しかったもの、何したとか、口に出せないこととか

片付けではなく単なる移動

瑕疵担保責任による工事が来週からの予定。

まだ何時に来るとか連絡ないけど

まさか、忘れてないよねぇ。

これまで あ゛⁈ という事が幾度かあったので信用しきれない業者。

 

一番使う部屋の床材を剥がすことになるので、

部屋の真ん中にある物は他の部屋に移動した。

洗濯物も今夜からは寝室に干す事になる。

 

工事は数日。

何日かかるのかはっきり言えないらしい。

   欠陥が見つかった。

   すみませんでした。』

   で工事すれば良いらしい。

   お詫びに何かもらったわけじゃない

   精神的負担は結構あるんだけど。

まったくクソな話。

 

さっき昼寝したらうなされた。

知らない人が我が家に入ってきて

家主の私がオロオロしてる夢だった。

あ、夢か。と気付いたけど起きられず

麻酔から覚めきれないときのようだった。

 

工事中、鍵を預ければ留守でかまわないと言われた。

鍵を預けるなんて気持ち悪いっつーの。

窓開けっ放しで工事するんだろうなあ。

虫が入ってくるだろうなあ。

ドラマ見てても聞きにくいだろうなあ。

あ、昼寝できんのかな?

当たり前だけどあちこち養生シートだかカバーとかすると。

工事の人、お昼とか出かけてくれないかな。

 

ああー  もーーーーっ‼︎

 

でもきっと、

本当はもっと大きな災いなのに

寒川神社のご利益のおかげでこの程度に…

と思う事にしよう。

 

 

瑕疵担保って何? | 一般財団法人 住宅金融普及協会