おひとりさま備忘録

とりとめのない日常のこと。

思い出はデジカメで。

なんかの宣伝みたいだけど。

 

今回の引っ越しで蔵う場所をまだ考えてなくて、我が子に聞いたら『捨てていいよ』と言われたうちのひとつ。

f:id:Klingel:20190618143408j:image

このファイルに保育園から小学校までの一部の作品が収納してあった。

私がしまったんだけど記憶が薄れてきてる。

このファイル、二つあって

上の子と下の子で分けてあった。

 

丸めてある絵が増えてきて、これは良くないとファイルしたんだ。

自分の昔のものは写真すら捨てられたから、なんでも残してあげたかった。

 

よそのお宅はどうしてるんだろうか?

こどもたちの作品を蔵う箱があって、どんどんたまって、こどもが結婚してたまに帰ってきたときに見るか、見ないか?

整理した作品を定期的に見てる家族もあるかもしれないけど。

今直ぐ出せないけど、習字専用ファイルもあったことを思い出した。

どこだろう?

後で。といって手付かずなので、ひとまずこのファイルにある絵を一枚毎に撮影した。

 

久しぶりに触るとデジカメの設定も忘れていて、もしやiPhoneの方が画素数が良いのか?と検索しちゃった。

んなわけないか、桁が違った。

 

外で工事をしてるのでうるさくて

窓を閉めたら暑い。

扇風機をつけたけど集中しているからか

汗が流れてくる。

デジカメからPCには入れた。

デジカメとPCをつなぐケーブルが見つからないかと一瞬青ざめたけど直ぐ見つかった。

ケーブルに付箋を付けていた自分を褒めた。

 

あとでCD-ROMに焼いておこう。

通知表とかも何処かにあった気がするんだけどなぁ。

通知表、写真撮っちゃう?

うはっ

 

絵を見ることが好きなので思うけど。

画像で見ると細かい質感が無くなって感動が半減する。

それでも大塚国際美術館で見ることができる世界の名画の数々には、本物を見たときの感動が蘇ったりするんだけど。

我が子が描いた当時はあまりほめてあげられなかったと反省した。

 

健康でゆとりがあったらって、

タラレバだけど。

ラスコー洞窟に行ってみたいなぁ。