おひとりさま備忘録

とりとめのない日常のこと。

資源ごみ

処分したいダンボールと雑誌などをある程度の量で十字に縛り山にしておいたら雪崩状態。足の踏み場も無くなり気にせずその上を歩いたら滑って危険を感じたのでそろそろ出しに行くかあ〜となった。

近くのスーパーにダンボールや雑誌を回収するリサイクルステーションがあるので行ってみた。

リビングの掃き出し窓から車に積むのは大変じゃなかったけれど、車からリサイクルステーションまで持って歩くには量が多いので、スーパーのカートを借りた。手で押さえてないと落ちそうだったけれど何とか運べた。

せっかく来たから無いと思ったけど、ミシン油があるかどうか店員さんに聞いてみた。あった‼︎良かった、手芸店まで行かなきゃ無いかと思ったけど。

ミシン持ってません。これは、サビサビの剪定ハサミを研いだのでそこにつけるために購入しました。砥石など無くてもサンドペーパーで研げました。庭先でハサミを研ぐ姿はまるでお爺ちゃんの様だったと思われ。早く油つけないとまたサビちゃう。早く荷造りしろ!なんだけど。

それから、小さな箱に溜めてあった使用済み乾電池とプリンターのインクカートリッジは家電量販店のリサイクルボックスに持参。ついでに掃除機を見たけれど、この量販店の通販では扱いがあるのに店には無かった。せっかく来たから憧れのロボット掃除機見本のスイッチを入れて眺めたりしてた。結構うるさい。お、基地に帰った〜。とか無表情で喜んでました。

たぶん、わたしの知人でロボット掃除機を持ってる人居ない。内緒にしてるだけかもしれないけど遊びに行ったときに見たことない。

店員さんが『掃除機ですか?』と寄ってきたけれど、チラ見して頷いた後目を逸らしてその場から立ち去った。本日アドバイスは要らないのだよ。しかも前に質問したら応えられなかった人だったし。あれから彼は猛勉強して商品知識を身につけたかもしれないが、が、そんな感じには見受けられないという私の勝手な判断。

陳列されていて且つネットより安いか、か、わずかでも値切れたら買おうと決めていたのに。ま、こんなもんか。

その後、他にも寄りたい店はあったけれど今日はここまでにした。急ぎの用じゃない。それに、たいして作業も進まないし気晴らししたくなったらまた行けば良いと思った。

引越し前に一度あっちへ掃除に行きたい。方位除けのお札もあるし〜(またお札かよ⁈だけど)

最後に行ったときにダイソーで300円もする裏がモップになってるスリッパを買い持って行ったら見事にモップは真っ白に汚れた。アレもう履きたくない。いくらわたしが綺麗好きじゃないと言ってもあの状態で引っ越すわけにはいかない。

『フローリング 掃除』と調べたら

①フローリングワイパー

②掃除機

③水拭き

となっていた。他に持っていきたい物もあるし、駐車場から部屋までちょっとある。二往復するしかないかな。いや待てぃ、掃除機重い〜‼︎

今使ってる掃除機も年代物だし、スペアにコードレス掃除機でも買っておこうかな?が事の始まりだけど、吸引力を考えるとやはりこの

通常のパワーしかない赤い掃除機を持っていくしかない。やだなあ、重いなあ。掃除機入るバッグある?無いなあ。置いてきたらこっちの掃除できないしなあ。持っていくしかないけど、また考えることにしよう。