おひとりさま備忘録

とりとめのない日常のこと。

料理

昨夜はちょっと早めに23時30分頃就寝。たぶん深夜に少し熱が上がりうなされたけど起きることはなかった。朝起きたら8時半過ぎていてびっくり。これ、仕事の日だったら慌てたわー

いつも、11時過ぎに家を出るけれど8時前後に起きれば少し余裕で準備できる。朝の30分は大きいわー。まあ朝の出勤ではないけれど、それでも多少ボーっとする時間がないと調子が狂う。

小分けに冷凍したお赤飯、最後のひとつを朝食にした。海苔スープ、大根のらっきょう酢漬け、昨夜残した鶏レバー煮で美味しくいただきました。

食器を洗うときに炊飯器の蓋を開けたら、一食分のお赤飯がカピカピになってた。やっちまった。すぐ食べる分は炊飯器に残してそのまま…仕方ないからごめんなさいした。これまでのお赤飯で一番美味しく炊けたのに〜。

明日はまた仕事だから何か作ることにした。ささがきごぼうを買ってあったから、冷凍してあった最後の牛肉スライスと甘辛く煮た。

f:id:Klingel:20181030113049j:plain

ついでに、田舎の夏野菜であるナンバンと呼ばれるピーマンの辛いものをごま油で炒め、そこに醤油とみりんを入れ鰹節を山盛り入れて炒り煮にした。写真のお箸は、真ん中のお肉が薄っすら赤かったので埋めたところ。

f:id:Klingel:20181030113213j:plain

パンも買ってあるから、2日はこれで大丈夫。