おひとりさま備忘録

美味しかったもの、何したとか、口に出せないこととか

カレー

ときどき無性に食べたくなるけど、何日も食べ続けるのは嫌だし、レトルトは違う〜。家庭のカレーを1食分食べたいだけ。これが一人暮らしでは何とハードルの高いことか。

この前買ったカレー煎餅は美味であった。残りご飯が足りないときにカレーおじやを作る。使うカレールゥは一欠片。頻繁に使わないからなかなか減らない。

非常食に買い置きしてもモノグサご飯でレトルトカレーを食べちゃうことがあるから買い置きしなくなった。そんなわけで今ある非常識は缶詰ばかり。

前にカレーを作ったのは、はて?たぶん2、3年前。4年は経ってないと思うけど。あれはプライムカレーの試食に遭遇し、しかも和牛を使っていたりして試食のふた口くらいがたまらなく美味しくてつい材料を買っちゃったという。それはすぐ作って食べたけど。

朝起きてご飯を炊いてなかったからモズクスープにトックを入れた。お昼はカレーが食べたいなーなんて思って材料を確認したらニンジンが無かった。残念だけど無くても作れる。

豚肉も牛肉もあるけれど違う。鶏肉は無かった。母の作るカレーは豚モモ肉の角切りが入ってるタイプでカレールゥはいつもグリコだった気がする。わたしはS&B派なんだけど〜。

パントリーを覗いたら賞味期限を軽く一年越したカレールゥがあった。1年以上経過したものはやめておくことに。

作りもしないのにまだ二箱あった。二つとも未開封。一つは賞味期限がきれたばかり。これを半分使った。

玉ねぎ、じゃがいも、豚バラスライス、大量の冷凍あさり。ほぼシーフードカレーになったけれど美味しくできた。夕飯は、にゅうめんにカレーをかけようと思ったら、蕎麦の袋が開いたものを発見したのでカレー蕎麦になった。

やっぱりまだあとに食分ほど残ってる。