おひとりさま備忘録

美味しかったもの、何したとか、口に出せないこととか

キュウリ

ずっとPCと睨めっこする仕事だったのに何故か今私は販売業という肉体労働をしている。

いつまで続くか分からない。辞めたいと思う前に使えないからクビになるかもしれない。ま、そんな事はさておき。

本日の夕方、家族連れのお客様来店。両親と思われる男女はスマホで何か調べながら商品を品定めだか価格比べだかしていた。

その背後に3、4歳かな?らしきお子ちゃま。この子は両親と思われる男女の背に当たる商品棚を物色中。口をモグモグしてる。

ガムを食べさせる年齢でも無さそうだけど、ずっとモグモグしていた。なんとなく視界に入ったから、何食べてるのかなあ?と思った程度だった。

閉店前には店内の端から端の陳列整理に行く。その時、そのお子ちゃまが片手にキュウリを持っていたのを見てしまった。

田舎の夏は、キュウリがおやつらしい事は噂で聞いていたけれど、キュウリを食べながら歩く子どもは初めて見た。まぢか〜⁉︎

トマトなら良いかと?ちゃうっ!

お菓子もちゃうわ〜!

食べながら商品を触りまくってるじゃねーかよっ!

上司に伝えたので私は自分の任務を遂行したけどさ、キュウリ食べながらのお子ちゃま放置するんじゃねーよっ!と思った。